業務アイデア、書き留めていきます。


by reo-gyousei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

裁判員制度を見越してか?

 東京都江東区のマンションで昨年4月、
会社員女性(当時23)が殺害され遺体が切断されて捨てられた事件で、

殺人や死体損壊などの罪に問われた元派遣社員星島貴徳被告(34)に対し、

東京地裁は18日、無期懲役の判決を言い渡した。検察側は死刑を求刑していたが、

平出喜一裁判長は「戦慄(せんりつ)すら覚える犯行だが、計画的ではなかった」などとし、
「死刑をもって臨むのは重きにすぎる」と述べた。

詳細

この裁判では、検察側が切断されて捨てられた女性の肉片を
大型ディスプレーに映し出すなどして残虐性と社会に与えた衝撃を積極的に立証したという。

遺体を画面で見せるというのは
異例な行為だといえる。

少なくとも自分が傍聴した裁判で、そのようなことは
今までになかった。

あきらかに
これから始まる裁判員制度を意識してのことだと
思うが

それは、遺族に対して、あまりにも侮辱した行為なのではないだろうか。

今回の検察側の立証方法を認めた裁判所の判断には
いささか疑問を覚える。

a0120462_253663.jpg

[PR]
by reo-gyousei | 2009-02-20 02:05